フレンチプレスでおうちカフェをより華やかに楽しもう

健康・美容

フレンチプレスでおうちカフェをより華やかに楽しもう

フレンチプレスって何?


コーヒーを淹れるときに、
フィルターを使ってドリップされたコーヒーをドリップコーヒーと呼びます。

それに対し、プレスコーヒーは
フィルターを通さない淹れ方です。


豆の味や豆から出るオイルをダイレクトに味わうことができます。


このフレンチプレスが好きなコーヒー通も多いです。


フレンチプレス(英語:French press)はシンプルなコーヒー抽出器具である。1929年にイタリア人デザイナーのアッティリオ・カリマーニが特許を取得している[1]。別名プレスポット、コーヒープレス、コーヒープランジャー、カフェティエール(イギリス)、カフェティエール ア ピストンと呼ばれている。

出典 http://ja.wikipedia.org


フレンチプレスは世界中で色々な名前で呼ばれている。

イタリアでは「カフェッティエラ ア スタントゥッフォ(caffettiera a stantuffo)」として知られている。

ニュージランド、オーストラリア及び南アフリカでは
この器具は「コーヒープランジャー」として知られており、

この器具で抽出した珈琲は「プランジャーコーヒー」と呼ばれている。


フランス人は例えばメリオール(Melior)やボダム(Bodum)のような一般的な商標で呼ぶこともあるが、
フランス語の名称は「カフェティエール ア ピストン(cafetière à piston)」である。

イギリス及びオランダではこの器具は「カフェティエール(cafetière)」と呼ばれているが、
これはフランス語でコーヒーメーカーやポットを指す言葉である。

アメリカとカナダでは「フレンチプレス」または「コーヒープレス」と呼ばれている。

出典 http://ja.wikipedia.org


フレンチプレスは国によって呼び方が違うみたいです。

知らなかった~!!!


「フレンチプレス」という呼び方はアメリカ、カナダ式ということですね。

勉強になります。

それでは、淹れ方を見ていきましょう



豆は、あらかじめ挽いておきましょう。

フィルターで淹れるときよりも気持ち粗めがいいようです。


プレス器具は、お湯で温めてから使います。


注意することは、

豆を躍らせずに、静かにお湯を注ぐということです。



こちらの動画を見る前、自己流で淹れたときには、
勝手に豆を踊らせるのがいいのかと思っていましたが、
違ったようです^^



4、5分程度置いたら静かにプレスを下ろします。


美味しい豆はぜひフレンチプレスで味わいたいですね


ひと手間かけて淹れたコーヒーは一味も二味も違いますね。

おうちでお気に入りの本や映画などを楽しみながら、
プレスコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか♪




1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ